時代遅れのご老体奮闘記
 2018(平成30)年11月/日常の生活
どんより曇った朝です。どんないい一日になるのか楽しみです<181122>
沖縄への旅行予約で、今日も良いことがありました<181117>
何か良いことが起こる予感!予感が当たりました<181116>
冷え込みましたが、爽やかな朝です<181116>
天気も良く、少し車で走りたい気分です<181111>
郊外でなければ、こんなことはないだろうと思う<181103>
今日はどんなことがあるだろう!何も起こらないことも人生<181101>
シジミの味噌汁飲んで肝臓を活性化、玉ねぎで血液サラサラ・・
平成30年11月25日(日曜日)11:30
   
とても良い天気です。
空高く淡い雲がわずかに静かに流れています。

昨日、茨城産のシジミを買ってきました。
同じケースに青森産のシジミもありましたが、5割増しの価格でしたので、今日は茨城産を買いました。

肝臓活性化のためにシジミ汁を積極的に飲むようにしています。
朝から部屋の片付けをして、一息入れたついでにシジミ汁をいただこうと・・・

シジミ汁を飲んで、なぜかサラダを持ち出して・・・
オニオンスライスとレタスのサラダです。

玉ねぎは血液をサラサラにするということで、常に在庫しています。
高齢ですので常に健康に気を付け、食材の購入時にも意識しています。

シジミ汁を飲み、オニオンスライスを大量に入れたサラダ、実に健康的です。
と、自負しています。

さて、ポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える作用があり、動脈硬化など生活習慣病の予防に役立つようです。
ポリフェノールはエキストラバージンオイルに大量に含まれていますので、比較的多用します。

もちろん、ポリフェノールはワインにも含まれています。
で、気が付いたときには、左手のグラスにはワインが入っています。

時間は、午前11時半でした。
<181125>
どんより曇った朝です。どんないい一日になるのか楽しみです
平成30年11月22日(木曜日)6:00
   
どんより曇った朝です。
雨が降りそうだとも伝えています。

ここのところ、いい日が続いています。
いい日が続いているのは、良くないことを意識しないようにしているからとも言えます。

ネガティブに生きるより、ポジティブに生きる。
これが昨今の私の生き方だからです。

ポジティブに考え、ちょっと余裕をもって考えて行動するとトラブルや事故に遭う確率が低くなります。

ですからいいことが続いていると感じているのかもしれません。
「今日もがんばるぞ!」です。
<181122>
沖縄への旅行予約で、今日も良いことがありました
平成30年11月17日(土曜日)15:30
   
朝、相棒から沖縄旅行について新たな情報が入りました。
飛行機+ホテル+レンタカーがセットになった沖縄フリープラン(3泊4日)です。

すでに10月の終わりころに予約してありましたが、それよりも良さそうな情報です。

予約してあるプランは、早朝出発、最終近くの帰還で飛行機の割増しはありませんが、ホテルでの朝食がありません。
ホテルもあまり好みではありませんでしたが、一旦確保のつもりで予約しておきました。

新たな情報は、早朝出発便で割増し(1,000円)がありますが、ホテルの朝食(3回)が付いています。
ホテルも先月予約したプランとは違っています。

今度は、出発日を変えて予約することにしました。
予約が確定すると、メールが来ることになっています。

予約が確定した段階で先月予約したプランをキャンセルすれば良いと考えていました。

すると相棒がさらに良さそうなプランの情報を持ってきました。
今度のプランは、私が好きな西海岸のホテル(朝食付き)です。

このホテルは、他の旅行会社も含めて、ほとんどのプランで割増しになっています。
それなのに「割増し無し」です。

別のページには「割増し有り」の表示があるのに、見積もりをすると「割増し無し」になります。

飛行機は早朝出発割増しがあり、金額は新たに予約したプランと同じ金額です。
このプランで申し込みをするとなると、予約が3本になってしまいます。

そこで先月予約したプランをキャンセルすることにしました。
「キャンセルは電話で!」と表示されていましたので、旅行会社に電話をしました。

まず先月に予約したプランのキャンセルをお願いしました。
そして、最新情報の内容について電話で確認しました。

電話でしたので、その場でホテル選択の「割増し無し」が確認できました。

であれば、今日予約したプランもキャンセルすることになります。
で、2つのプランをキャンセルしてその場で最新のプランを予約しました。

「早朝出発便の割増し金額が違っている!」とさらに新しい情報が・・・
「1,000円だったのが、1,500円になっている!」らしいのです。

私は「電話で料金を確認して予約しているから心配ない!」と言ったのですが、ページを開くと確かに割増し金額が変わっています。

約1時間後に旅行会社から「予約確認書」が届きました。
予約内容に問題はありませんでした。

出発便の割増し金額が変更されたのは、私が電話で予約内容の確認をしている、そのときだったようです。
その後、同様のプランの内容が少しづつ変わっています。

お客様が多かったからなのでしょうか。
旅行会社が強気になっているように感じます。

即時に対応したのが良かったようです。
また、電話で確認しながら予約したのも良かったようです。


結構細かな話になっています。
料金については詳しく書いていませんが、たぶん相当格安な金額のはずです。

旅行をするのは当然楽しいですが、好みの内容の旅行に仕上げるのも楽しいものです。
旅行の予約で楽しませていただきました。
<181117>
何か良いことが起こる予感!予感が当たりました
平成30年11月16日(金曜日)16:00
   
爽やかな朝でしたが、今は少し雲が出ています。

朝、何か良いことが起こりそうな予感がしました。
それほど爽やかな朝でした。

車で出かけようとしたら、家庭菜園をしているおばさんが声を掛けてきました。
「里芋は要る?」

「喜んでいただきます!いつもいただいてばかりで・・・」

掘りたての里芋を約4キロほど袋に詰めてくれました。
さらに「人参は? 大根は?」と言い、その場で抜き取って持ってきてくれました。

ありがたいことです。

結局、里芋を約4キロ、太めの大根を1本、人参を5本いただきました。
どれをとってもスーパーなどより立派な野菜です。

そして、何よりも新鮮な野菜です。
持ち帰って、これからいただきます。
<181116>
冷え込みましたが、爽やかな朝です
平成30年11月16日(金曜日)6:00
   
今日は目覚ましに起こされました。
冷え込んでいたのでしょうか、寝起きが良くなかった感があります。

とは言っても深夜にトイレに行かなかったのは良い成果です。
歳をとるとトイレが近くなってくると聞きますから・・・

カーテンを開けると柔らかな朝の陽ざしがガラス越しに差し込んできました。
乾燥しているのでしょう。
遠くの景色まで透き通るように見えます。

このような気候だとなぜか心もウキウキしてきます。
何か良いことが起こりそうな・・・

早速、温かい朝のコーヒーをいただきます。

ロシア外交で北方領土の返還の交渉が進んでいるようですが、・・・
時間が経過すれば、ロシアのしたたかさが顔を出してきます。

安易に受け入れないことを期待しますが・・・

アメリカでは、高額な宝くじ当選者が名乗り出ていないと伝えています。
180日経過すると販売した売り場の州が受け取るとのこと。

いつも思いますが、宝くじほど確率が良くないものはありません。
宝くじは、買わなければ当たりませんが、買っても簡単に当たるものではありません。

そう言えば、宝くじの売り場が減る話もあります。
オンラインでの販売が主流になるらしいのです。

高齢者のささやかな楽しみである宝くじが逃げて行きます。
宝くじそのものが逃げて行きますので、当たりくじはますます遠のきます。

太陽の位置が高くなってきました。
何となく温かさを感じる日差しです。

多くの人は、今日出勤すればお休みです。
今年も残り1ヶ月半、「行ってらっしゃい!」です。
<181116>
天気も良く、少し車で走りたい気分です
  平成30年11月11日(日曜日)
   
「飯能市の稲荷神社」と、スマホに呼びかけます。
表示された稲荷神社のひとつに向かうことにしました。

静かな場所に建つ質素で小さな社の稲荷神社でした。
こんな感じの神社、好きですねえ!

参拝を終えて秩父方面に車を走らせます。
特に行き先を決めているわけではありません。

国道299号を走っていると、色付いた樹々が深まる秋を知らせてくれます。
渋滞はしていませんが、車の数は多めです。

秩父に入りましたが、特に観光地に行きたいわけではありません。
久しぶりにスーパーに行きました。

白菜が並び始めています。
白菜が並ぶとこれから訪れる冬を感じさせます。

大きめの白菜と太めの大根を買いました。

スーパーを出て、農産物直売所に寄ります。
特に買いたいものがありませんが、大粒の渋柿が印象に残りました。

干し柿にするのでしょうか、5キロほどもありそうなメッシュの袋を何個も抱えたおじさんが車に積み込んでいます。

これで、秩父へのドライブは終了です。

帰ってきて、近くのスーパーに行きました。
お得な商品をさがし、あれば買うためにです。
<181111>
困ったときの神頼み、日帰りドライブは近くの稲荷神社
郊外でなければ、こんなことはないだろうと思う
  平成30年11月3日(土曜日)
   
午後、隣人(農家)が「食べきれないほど野菜があるから取りに来て!と言う。
行ってみると大きめのレジ袋に「これでもか!」というほど詰めてくれた。

葉付き大根1本、葉付き蕪(カブ)10個、大きめのサツマイモ3個、さらには小松菜がたくさん。
小松菜は、スーパーで売っている量からすると10袋以上かも、・・

いただいて来て、一次処理です。
泥を洗い流し、小松菜の外葉を取り、出荷できそうな小松菜になりました。

大根は、葉を刻み塩漬けです。
蕪は葉と根を分け、葉はみそ汁などに使う予定です。

根は一夜漬けの予定です。
サツマイモは、今日の段階では泥を落として保管です。

実は、数日前にも別の農家の方から野菜をいただいています。
ジャガイモが5キロ以上、カボチャが1個です。

これで野菜を買うことは当面ありません。
本当にありがたいことです。

最近野菜の価格が落ち着いて来ましたが、野菜はいくらあっても重宝です。

近隣などから野菜をいただけるのは、郊外に住んでいるからと思います。
東京の真ん中ではこんなことはありません。

農家の方に感謝!野菜に感謝です。

そうそう、夕食のおかずには、小松菜のお浸しに鰯の削り節が乗って・・・
美味しかった!
<181103>
今日はどんなことがあるだろう!何も起こらないことも人生
  平成30年11月1日(木曜日)
   
4時15分に起床!
新聞をとって、1面を見る。

中身はあまり読む気がしない。
珈琲を飲む準備をして・・・朝が始まる。

今日はどんなことがあるだろう!
何も起こらないことも人生です。

パソコンを開きます。
朝一番の日記を書きます。

そろそろ5時半の目覚ましが鳴る時間です。

11月1日、今年もあと2ヶ月です。
過ぎる日々はとても早く感じます。

私の人生のページは、どんどん少なくなっていきます。
過ぎ去る時間を大切にして生きて行こうと考えるこの頃です。
<181101>